物流加工

時代とともに進化する設備やシステム。
すべては、価値ある品をより早く正確にお届けするために。

いくつものスピードレーンが整然と走る広大なフロア。
ファッション物流の基地とも呼べるこの最前線で、お客様や時代の要請に応えるシステムは日々進化し、確実に実践されています。
より実効性のある効率化提案・改善活動を続けるために、UPH(Unit Par Hour)計測※1やKPI※2(Key Performance Indicator)など現状を数値化できる手法を活用。また、進化したシステムのもとEC(E-Commerce)物流代行サービスも業務としています。 しかし、常に基本にあるのは価値ある品を早く正確に届けるという“こだわり”。 時代やインフラがどう動こうとも、私たちの思いは変わりません。
※1.UPH(Unit Par Hour)計測:1時間あたりの作業量を測ること
※2.KPI:業務の達成度を把握するため、具体的な指標を使って数値にしていくこと。EX.「リピート率」「アンケート肯定回答率」など


ページのトップへ戻る